• HOME
  • パーキングシステム
  • 防災システム
  • 会社情報
  • お問合せ
パーキングシステム

駐車場システムに関わる法令(抜粋)

駐車場法抜粋 第1章 総則

第2条(用語の定義)

この法律において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

  • (1)路上駐車場:駐車場整備地区内の道路に一定の区画を限って設置される自動車のための施設であって一般公共の用に供されるものをいう。
  • (2)路外駐車場:道路の路面外に設置される自動車のための施設であって一般公共の用に供されるものをいう。
  • (3)道路:道路法(昭和27年法律第180号)による道路をいう。
  • (4)自動車:道路交通法(昭和35年法律第105号第2条1項第9号)に規定する自動車をいう。
  • ※原動機を用い、かつ、レール又は架線によらないで運転する車であって、原動機付自転車、自転車及び身体障害者用の車いす並びに歩行補助車その他の小型の車で政令で定めるもの(以下「歩行補助車等」という。)以外のものをいう。
  • (5)駐車:道路交通法第2条1項第18号に規定する駐車をいう。

駐車場法施行令 第2章 路外駐車場

  • (1)路外駐車場で、自動車の駐車の用に供する部分の面積が500平方メートル以上であるものには、駐車場法施行令で云う構造、及び設備の基準を守らなければならない。
  • (2)路外駐車場は、車路警報装置を設けなければならない。
第7条(自動車の出口及び入口)
  • 5  自動車の出口付近の構造は、当該出口2メートル後退した自動車の車路の中心線上1.4メートルの高さにおいて道路の中心線に直角に向かって左右にそれぞれ60度以上の範囲において、当該道路を通行する者の存在を確認できるようにしなければならない。
    (自動二輪車専用出口については、当該出口1.3メートル後退した自動車の車路の中心線上1.4メートルの高さにおいて道路の中心線に直角に向かって左右にそれぞれ60度以上の範囲において、当該道路を通行する者の存在を確認できるようにしなければならない。)
第8条(車路)

路外駐車場には、自動車が円滑且つ安全に走行することができる車路を設けなければならない。

  • 2  自動車の車路の幅員は、5.5メートル以上としなければならない。
    ただし、一方通行の車路にあっては、3.5メートル(当該車路に接して駐車料金の徴収施設が設けられており、かつ、歩行者の通行の用に供しない箇所にあっては、2.75メートル)以上とすることができる。
    (自動二輪車専用の車路の幅員は、3.5メートル以上としなければならない。ただし、一方通行の車路にあっては2.25メートル以上。(当該車路に接して駐車料金の徴収施設が設けられており、かつ、歩行者の通行の用に供しない箇所にあっては、1.75メートル以上とすることができる。)
  • 3  建築物(建築基準法(昭和25年法律第201号)第2条第1号に規定する建築物をいう。以下同じ)である路外駐車場の自動車の車路の構造は、前2項の規定によるほか、次の各号に定めるところによらなければならない。
  • (1)はり下の高さは、2.3メートル以上としなければならない。
  • (2)屈曲部は、自動車が5メートル以上の内のり半径で回転できること。
    (自動二輪車専用駐車場の屈曲部にあっては、自動二輪車が3メートル以上の内のり半径で回転できること。)
  • (3)傾斜部の勾配は、17パーセントを超えないこと。
  • (4)傾斜部の路面は、粗面とし、又はすべりにくい材料で仕上げること。
第9条(駐車の用に供する部分の高さ)

建築物である路外駐車場の自動車の駐車の用に供する部分のはり下の高さは、2.1メートル以上でなければならない。

第14条(警報装置)

建築物である路外駐車場には、自動車の出入及び道路交通の安全を確保するために必要な警報装置を設けなければならない。

ページトップ